笑顔と会話とふれあい

株式会社シップが運営する住宅型有料老人ホーム スローライフは,

どなたでも入れるホームを目指しています。

 

現在、比較的安価な設定をしているホームは少なく、本当に入りたい特別養護老人ホームは入居待ちという現状です。

しかし、病院もいつまでも居られる訳ではなく病状が安定した時点で他への転院、若しくは老人保健施設か民間の有料老人ホーム、高齢者専用賃貸住宅といった施設を探す他ありません。

 

株式会社シップでは現在10万円を切る事を目指しどなたでも安心して入居できる施設を目指しています。

 

安いから不安と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、

当施設の理念は表題の通り 「笑顔、会話、ふれあい」を重視した運営を心がけています。

これらは金額では測れない ”豊かさ” を生み出します。

 

 

「隅々まで目の行き届いた施設」

これは一番重要視している部分であり譲れない部分です。

 

昨今の施設は大型化している為、職員と入居者様の会話ができません。

昔は「おばちゃん元気?」とか普通に会話がなされていたのが会話がなくなり、寂しいからと施設に来ても職員さんは忙しく走り回り、話しかけても「あとでね」と、あしらわれガッカリされてる方も多い筈。

だから、スローライフは20人未満のこじんまりとしたアットホームな施設を目指しています。

 

「食事で笑顔」

食事にも こだわりがあります。

お米は岡山の朝日米を農家から大量に買い付け お米用冷蔵庫で大切に保管しています。

毎食 精米してガス釜で炊くご飯は ふっくらとして 美味しいと評判です。

食事が待ち遠しくなるような 季節感素材の味を活かしたおかず、そして こだわりの出汁。

美味しく召し上がっていただくための手間は惜しみません。

 

本当に書けばきりがありませんが職員の思いは 

この一言に尽きます。

 

「入居者様の笑顔が見たい !」

 

是非一度お越しになり食事をしてみて下さい。

私たちの熱い思いはきっと伝わると思います。

 

取締役会長からのご挨拶

取締役会長  金子 栄士  (かねこ えいし)

 

生年月日   昭和31年10月21日

当施設運営を取り仕切っている会長の金子です。

私の母は現在ピック病に侵されております。

 

H23年の夏頃迄は家を抜け出し徘徊を繰り返し警察に何度もお世話になりました。

それが半年もしないH23年の暮れには口もきけず歩く事も出来なくなっています。

ピック病の影響か先日脳梗塞をおこし現在入院をしています。

そして息子の私を見ても何の反応もない状態になっています。

 

このように家族で対応する介護の大変さを身をもって体験しているだけに

高齢者の介護に関わる家族の心労は誰よりも感じています。

 

そして忘れてはならないのが高齢者のお孫さんが高校、大学とお金のかかる年代の方が多く

親への援助が思うようにできない方が多いという事があります。

 

そうした環境の中で世間では高額な施設利用料が大きな負担となり

施設に入りたくても入れないのが現状です!

 

そこで当施設では10万円をきる施設利用料を目指し

奮闘努力しております。

 

特養のような大きな施設ではなく目の行き届く20床までの施設を建設し、

皆様が本当にご満足いただける施設作りをいたします。


平成24年

 

 

 

 

 

笑顔あふれる介護サービス

細やかな心遣い、暖かな声かけ、

笑顔があふれるアットホームな

暮らしをはじめませんか。

 

見学・ご相談を承ります

 

   

  ロオゴ ヨロコンデ

(老後 喜んで)

随時、ご見学受付中


介護でお困りの方の

ご相談も承ります。

 

担当:金子

施設内見学時のお願い

●風邪等感染の恐れのある方はご遠慮下さい。

●施設内に入られる時には必ず手の消毒をお願いします。